材木屋さんが木を製材するときに出るおがくず。
彫刻家がノミで木を彫るときに出る削りくず。

これらの木くずを利用して何か面白いワークショップが出来ないか、美術大学の学生たちと考えたのがチップアートです。

おがくずなどに色をつけ、
それを画用紙に張り合わせて絵を描いていきます。
すると、立体的な絵が次々と出現。
カラフルで楽しい作品の完成です。